About Us

当分野では、
 (i) 生物統計学的手法の研究開発
 (ii) 先進的試験デザイン・統計解析法を利用した臨床研究の推進
 (iii) 医療・健康分野におけるクリニカルサイエンス、データサイエンスの実践
に取り組んでいます。
これらの研究活動をとおして、新規治療の開発を促進し、健康社会の実現に貢献します。

所在地: 〒113-8510
東京都文京区湯島1丁目5番45号
8号館北4階
TEL: 03-5803-5150(直通)
FAX: 03-5803-0421
Email: clinical.biostat.crc(at)tmd.ac.jp

What's New一覧へ

2024年05月11日

特任研究員 渡辺さんが 2024年度日本計量生物学会年会 で発表しました。

2024年05月08日

AMED医薬品等規制調和・評価研究事業で作成した「医薬品開発等におけるマスタープロトコル試験の活用に関する留意事項(案)」に関するパブリックコメントの募集が開始されました。

https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495240021&Mode=0

2024年04月16日

当分野の研究成果がプレスリリースされました。

https://www.tmd.ac.jp/press-release/20240416-1/

2024年04月12日

2025年度受験より、修士課程医歯理工保健学専攻の筆記試験(専門科目)の出題範囲が変更になりました。

https://www.tmd.ac.jp/admissions/graduate-school/youkou/8_5d009904a0926/#anchor6

2024年04月10日

メンバーを更新しました。

2024年03月15日

博士課程の花澤さん(D3)・北林さん(D2)が Eastern North American Region International Biometric Society(ENAR)2024 (Baltimore, USA)でポスター発表を行いました。

2024年03月06日

新興・再興感染症パンデミック下において治療薬開発を加速する臨床試験の実施方法(臨床試験デザイン)に関する論文が、Clinical Pharmacology & Therapeutics に
採択されました。

Sasaki M, Sato H, Uemura Y, Mikami A, Ichihara N, Fujitani S, Kondo M, Doi Y, Morino E, Tokita D, Ohmagari N, Sugiura W, Hirakawa A. How Much More Efficient Are Adaptive Platform Trials Than Multiple Stand-Alone Trials? A Comprehensive Simulation Study for Streamlining Drug Development During a Pandemic. Clinical Pharmacology & Therapeutics, 2024.

2024年03月04日

基盤研究(B)「がん早期臨床試験のデザインと統計解析法の新展開(研究代表者 平川晃弘)」が採択されました。

2024年1月30日

認知機能予測に関する特許情報が公開されました。

https://ipforce.jp/patent-jp-P_A1-2023-172385

2023年12月14日

平川教授が2023年度計量⽣物セミナーにて、ベイズ流臨床試験デザインの実践に関する講演を行いました。

PAGETOP